相続かわら版

広大地評価について

  ━相続マメ知識━

広大地とは、
①その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で
②都市計画法第4条((定義))第12項に規定する開発行為を行うとした場合に 公共公益的施設用地の負担が必要と認められるものをいいます。
ただし大規模工場用地に該当するもの及び中高層の集合住宅等の敷地用地に適しているもの(その宅地について、経済的に最も合理的であると認められる開発行為が中高層の集合住宅等を建築することを目的とするものであると認められるもの(いわゆるマンション適地))を除く、ものとされています。(評基通24-4)

実務上では一般的に添付のフローチャートが利用されます。
その際、問題となるのは「開発行為を行うとした場合、公共公益的施設用地の負担が必要と認められるか」という点ではないでしょうか?

詳細はPDFをご覧ください。


相続かわら版