かわら版

■ 平成23年度税制改正(相続税関連) ■

平成22 年12 月16 日、「平成23 年度税制改正大綱」が閣議決定されました。
今回の改正点の中で、相続税に関する事項で主なものは以下の通りです。
1.相続税の基礎控除額の引き下げ
(平成23 年3 月31 日までの相続)
5,000 万円+(1,000 万円×法定相続人の数)
(平成23 年4 月1 日以降の相続)
3,000 万円+(600 万円×法定相続人の数)
基礎控除額が従前の60%になりました。
今まで、相続税の課税がなかった相続について課税されることになります。
「小規模宅地特例」等の活用が重要になるかと思われます。
2.死亡保険金に係る非課税限度
(平成23 年3 月31 日までの相続)
500 万円×法定相続人の数
(平成23 年4 月1 日以降の相続)
500 万円×法定相続人の数
上記「法定相続人」は、未成年者、障害者又は相続開始直前において被相続人と生計を一に
していた者に限定されます。
生命保険の活用において、今後は税務の観点だけではなく、生命保険金の受取人を指定できる
点を重視すべきかと思われます。


かわら版