かわら版

■ 統合報告書(Integrated Report)の豆知識 ■

あまり耳慣れない報告書ですが、日本でも発行会社数が2015年には200社
に届き、2016年には300社を超えるといわれています。
統合報告書は法律で義務付けられているものではなく、会社が任意に提供
する企業情報開示資料で実際の呼称は各社まちまちです。
統合報告書/INTEGRATED REPORT(三菱商事)、統合版アニュアルレポ
ート(武田薬品工業)、サステナビリティレポート(リコー)、アニュアル
レポート(三井物産)、コーポレートレポート(TOTO)、KIRIN REPORT等。
企業の財務情報と非財務情報を一体化した報告書で、企業の戦略、企業統治
の状況、実績及び将来予測などを盛り込んだ内容となっており、今までのよう
な単なる情報の羅列ではなく、自社の企業価値創造プロセスを説明するための
簡潔なストーリー性ある開示を目指した報告書になっています。
社会と共生し、地球環境を保護しつつ継続的に会社を成長させるための会社
独自の方向性を記述しています。
キリンの統合報告書(2014年12月期)の編集方針を一例としてご紹介します。
<キリン 2014年度の編集方針>
業績等の財務情報、事業概況、戦略等に加え、キリングループの持続的成長を
実現する見えない資産(キリンらしさ)を明確にし、長期的に企業価値向上を実
現する道筋を、株主・投資家をはじめとしたステークホルダーの方々にご理解い
ただく「戦略レポート」を目指して編集しております。現在の課題を真摯に受け止
め、その克服へ向けて舵を切り始めたキリングループの「変化の兆し」をご理解い
ただき、将来のキリングループへご期待いただくことを目標に作成しています。
ご自分の会社には関係ないと思うかも知れませんが、統合報告書は各社ホーム
ページからダウンロードできますのでご覧いただければ各社がどのようにして会
社の価値を高めようとしているかを理解でき、ご自分の会社運営にも役立つヒン
トが満載されています。このような利用方法もあるのではないでしょうか。


かわら版