かわら版

■ ビジネスモデルを考えよう ■

ビジネスモデルとは、利益を生み出す製品やサービスに関する事業戦略と収益構造のことですが、
なかなか真似は出来ない。
いくつかご紹介します。

①ガリバー
中古自動車販売はC(客)toB(業者)toCの典型だったが、買い取り専門のCtoBとしました。
Cから買った車を、すぐオークションでBに売却。
資金繰りも楽になります。
スピードと品質が必要なため、下記を実施しました。
1.査定を画一化
2.買値はオークション価格を参考に簡単査定
3.査定時間を短縮

②QBハウス  10分で十分
小西社長は月2回髪を切っていたが実際に髪を切るのは10分であとはいらないと思った。
カットのみに特化し、金銭の授受は千円札のみの券売機、予約もなくした。
予約もなく、赤青黄色の店頭シグナルで混み具合を表示し、10分1000円なので回転率を
よくするため駅中や駅周辺に出店。

③ブックオフ  目利き10年、バイト即日
古本屋は”年配の店主が店番する薄暗い店”というイメージで、買取価格と販売価格を決める
「目利き」が重要と言われていたがそれを排除して単純化した。
買取は内容ではなく綺麗かどうか、販売は定価の5割、一部は100円とするとバイトで十分。
仕入れ価格は販売価格の20%とすることで、安くて速くできるようになった。

④セブン銀行
2001年セブンイレブンにおかれたATMで銀行店舗を持たない。
他行のキャッシュカードで現金を引き出す際の手数料約約180円が収益の柱。
地方銀行はコストのかかるATM店舗から徹底したかったので、このニーズと合う。
振込もできるし、夜間金庫の代わりにもなる。


かわら版