かわら版

■ 日本再生はどうなる? ■

-緊急経済対策決定内容は!-

安部内閣は1 月11 日、2012 年度補正予算に盛り込む緊急経済対策を決定した。
経済再生へ10.3 兆円の国費を投入し、政策金融などを含む事業規模は20.2 兆円となった。

経済対策のポイントとして
①復興・防災
②成長による富の創出
③暮らしの安心・地域活性化
の3 点を掲げ、働く女性や町工場への支援策、孫に教育資金を贈与する際の非課税措置などを例示した。
その主な政策と予算規模は以下の通りです。

緊急経済対策に盛り込まれた主な政策

【インフラ・公共事業】
トンネル・橋の老朽化対策 6200 億円
学校・病院の耐震化 3700 億円
環状道路、空港・港湾の機能強化 2100 億円
農地・農業用施設の整備、交付金 2900 億円

【リスクマネーの供給】
先端技術を持つベンチャーの資本強化 1000 億円
イノベーションを生み出す基盤の整備 2300 億円
電気自動車の充電設備など省エネ促進 1200 億円
企業の海外進出を官民で支援 700 億円
企業のエネルギー節約を支援 2000 億円
職業訓練の支援など雇用創出 1600 億円
農林水産業の競争力向上 800 億円

【安心・安全】
子育て支援の充実、保育士の人材確保 600 億円
70~74 歳の医療費窓口負担1割を継続 2000 億円
在宅医療の推進、地域の医師の確保 500 億円
電線地中化、バリアフリー 700 億円
PAC3の購入など自衛隊の能力向上 1800 億円

(注)国からの歳出額

これに引き続き、25 年度税制改正や25 年度予算の動向に日本の再生や成長が期待されるところです。


かわら版