かわら版

■ 「1番」である意味 ■

「ある会社の入社式スピーチで、経営者の方が、新入社員にこう質問しました。
「あなたは、アメリカの大統領の名前を知っていますか?」
その新入社員は「知っています。オバマ大統領です」
次に経営者の方が「では、副大統領の名前を知っていますか?」
新入社員は「・・・!? 分かりません」すかさず経営者の方は
「それでいいんです。トップ、つまりNO1の名前しか知らなくて。
だから、我が社は業界でNO1を目指すのです」と発言されました。
その経営者の意図として、NO1は誰でも覚えてくれる、
しかしNO2以下は記憶に残らない。
だから、NO1を目指し、維持し、
記憶に留めてもらうようにするのだということです。
それを聞いてなるほど、新入社員にとって分かり易いメッセジーだと
感心いたしました。
確かに、NO1になること、NO1でいることは大変なことであり、
また名誉なことでもあります。それゆえ皆の記憶に残ります。
だから、なんでもよいので、自分、自社がNO1になれるものを見つけて、
NO1になるということが重要なのです。
人間誰しも、また、どんな会社でも何か他とは違った、
良いものを持っているはずです。
それに磨きをかけ、徹底的に差別化を図り、その分野でNO1になる。
何かでNO1になるものがあれば、他にパッとしないものがあっても、
NO1のものに引きずられて、輝き始めるものも出てくるかもしれません。
それには、まず、自社の強味、弱みをしっかり把握して、
強みに注力していくことが必要です。
弱みを強化して、バランスを取っていくのは、我慢が必要ですし、
時間もかかります。
それよりも、強いところをより強化しダントツのNO1になる方が、
スピード感よく、なにより注目度が高くなり、社内の求心力も高まってきます。
先ほどの会社も業界で強力なライバルがおり、
そこをターゲットにNO1を目指し、維持しています。
やはり、競争がある、ライバルがいるNO1には価値があり、
得るものも大きいです。
まずは、NO1になれるものを見つけて、他の追随を許さないように磨きをかけ、
最後にはダントツのNO1になれるように頑張りましょう。


かわら版