かわら版

あなたの会社の事業継承をサポート

-ハッピーリタイヤプラン-

中小企業の経営者の平均年齢は約57才で、あと10年すれば67才となり、個々人により異なるでしょうが、リタイヤを考える時を迎えます。事業承継のパターンとして

1.親族内承継

2.従業員への承継

3.M&A

があり、それぞれメリット・デメリットがあります。20年以上前には90%以上を占めていた「親族内承継」の比率が年々低下し、現在では「親族外承継」の割合が増加し、全体の40%程度の水準に達しています。

事業承継には、経営の承継と財産や株式の承継があり、それぞれ会社法、人材、相続、税務の各方面からの課題を明確にしクリヤーにしなければなりません。

事業承継を円滑に進めるためのステップは「事業承継計画の立案」が重要であり、1~2年で対策を実行できるものでなく、10年位の期間が必要ですので、早めに事業承継計画書を公認会計士等とご相談されて作成、実行に着手されては如何ですか。


かわら版