かわら版

組織運営に関するピーターの法則

皆さん、組織作りに苦労していませんか。なぜ、思ったように機能しないのか、悩んでいませんか。
ケースによっては、解決の糸口になるお話をしましょう。それはピーターの法則と呼ばれているもの
です。
ピーターの法則はアメリカの教育学者が提唱したもので、仕事と昇進の関係に関する分析を社会学の
法則としてまとめたものです。
・ピーターの法則
『階層社会では、すべての人は昇進を重ね、おのおのの無能レベルに到達する。』
・ピーターの必然
『やがて、あらゆるポストは、職責を果たせない無能な人間によって占められる。』
『仕事は、まだ無能レベルに達していない者によって行われている。』
モチベーションを与えるため、昇進をさせていると意外と期待した働きができないケースに出会う
ことがあると思います。責任に対する重圧と自分が持っている能力の限界が、本人に適切な判断をできなく
させているのです。その結果、まだ十分に昇進していない者(つまり判断能力の限界に来ていない者)が
実質的に仕事を行っているケースが多いというものです。
仕事の成果で昇進を決めているケースは要注意です。近い将来、上記のような状況になるかもしれません。
話は逸れますが、イギリスの人類学者、進化生物学者が唱えた150人というダンバー数というものがあり
ます。これは、人間にとって、「それぞれと安定した関係を維持できる個体数の認知的上限」は150人で
あると示しているものです。
実際の感覚として、具体的にイメージできる人間関係はこれ位ではないでしょうか。
組織の規模を考える場合、一つの目安になると思います。会社、部門が大所帯になってきたら、分割する
ことも考える必要が出てきます。
これらは科学者の目から見た人間洞察です。日頃経営の現場で感じていることが、客観的にうまくまとめ
られています。これらの法則の意味するところを味わい、活力のある組織運営をしていきましょう。


かわら版