かわら版

創業者それぞれの「自尊訓」~ 人生をどうとらえ、どう生き抜いていったか ~

現在の日本の基礎を築き上げた先人の想いを知り、今後 自らが経営者としてどのようなスタンスで
進んで行くかの参考になれば幸いです。
1.松下幸之助(パナソニック創業者)……… 向学心
「わてらみたいな学問のない人間には、是非教えて下さいな」
2.鈴木三郎助(味の素創業者)……… 家族和合
「常に一家が和合して、愉快に働く。協同一致の力で、事に当たったことが最大の成功の要因」
3.田中久重(東芝創業者)……… 知恵
「知恵は失敗より学ぶ。事を成就するには、志があり、忍耐があり、勇気があり、失敗があり、
その後に成功がある」
4.早川徳次(シャープ創業者)……… 5つの備蓄
1 信用の備蓄
2 資本の備蓄
3 奉仕の備蓄
4 人材の備蓄
5 取引先の備蓄
5.島津源蔵(島津製作所創業者)………「三基」
「早起き、正直、働き」の3つの「き」が基本姿勢であり、実践者。
又、成功しない人の要因として 次の十訓を挙げている。
1 毎日不平をいって暮らす人
2 金でなければ 動かぬ人
3 他人の悪口をいう人
4 熱心の足らぬ人
5 実力のないのに威張り、外見を飾る人
6 嘘を平気でいう人
7 いたずらに時間を潰す人
8 夜更かし 朝寝をする人
9 恩を受けて 感謝する心のない人
10 自己のためのみ考え、他人のことを考えぬ人


かわら版