かわら版

事業で失敗しないための7つの精進

1.毎日もくもくと人一倍一生懸命働く
働くとは、単に仕事をするのではなく、誰にも負けない努力をすることである。
そのためには、今やっている仕事を好きになること。そうなれば、楽しくなってもっといい方法がないかと、
仕事を工夫するようになる。
2.謙虚にして驕らずさらにまた努力をする
仕事に慣れてきて自分しか出来ないと思うようになると、ごう慢さが出てくる。
過去において、ごう慢になった経営者がどれだけ没落していったか。
本当に成功する人は、内に燃える思いをもち、外に謙虚さをもっている。
3.反省ある毎日を送る
寝る前に1日を振り返り、日々心を高めていくこと。
4.生きていることに感謝する
不平不満ばかりいう人は、どんどん不幸になっていく。感謝の心があれば、幸せを感じる。
ありがたい、幸せであると念ずれば、自分自身も気持ちよくなってくる。
5.他人にはやさしく 自分には厳しく
このような気持ちで人と接する人は、自分の運命もよい方向へ向かっていく。
しかし、感情的な気持ちで情をかけてはならない。
6.失敗してもいつまでもクヨクヨしない
起こってしまった失敗をいたずらに悩まず、深い反省をして、新たな思いと新たな行動に移ること。
7.生きているから苦労するのである
過去のカルマの結果として、現在の苦労が生じているのなら、たいしたことではないのでお祝い
しなければならない。


かわら版